鼻洗浄なら、アメリカで人気No.1のニールメッド サイナス・リンスです。

NeilMed

米国版サイトへ移動

NeilmedのFaceBookを見る

鼻の役割

ホコリや細菌などの異物をブロック

鼻には、「においをかぐ」という働きの他に、温度や湿度を適度に調節し、吸い込んだ空気に含まれる異物を取り除く働きをしています。まず鼻の内部の入り口には、鼻毛が生えています。鼻毛は大きなチリやホコリが入らないようにフィルターの働きをしています。

さらに奥の部分は、鼻粘膜という薄い湿った粘膜で覆われています。粘膜の下には血管があり、外の冷たく乾いた空気を温めて湿り気を加えます。つまり鼻に入った空気は肺にそのまま入っていくのではなく、適度な温度と湿度に調節されて肺へと送られます。

鼻粘膜のはたらき

鼻粘膜には、線毛(せんもう)というごく細く短い毛がびっしりと生えています。線毛の上にある粘液は、線毛の動きによって1分間に約2cmのスピードで、鼻腔の前後へと動いています。1日に鼻腺から分泌される粘液の量は、約1ℓにもなります。

鼻の入り口を通過した空気中の小さなチリ、ホコリ、細菌などの微生物は、粘液に付着し、ベルトコンベヤーのように奥に運びのどへ送り出されます。

口には、この鼻のようなフィルター作用がないため、異物はダイレクトに身体に取り込まれてしまします。つまり、鼻づまりなどにより口呼吸になると、結果細菌やウイルスに感染するほか、においや味が分からなくなる、(呼吸が浅くなることで)よく眠れないなどの悪影響を及ぼします。

副鼻腔(ふくびくう)のしくみ

顔の骨にはいろいろな形の空洞(前頭洞、蝶形骨洞、篩骨洞、上顎洞)が鼻腔をとりかこむように存在しています。これらの空洞を総称して、副鼻腔と呼んでいます。

副鼻腔の内壁も、鼻粘膜と同じ種類の粘膜でおおわれています。副鼻腔の粘膜にも線毛が生えていて、副鼻腔に入ったゴミをその上の粘液層でとらえて外に出しています。

鼻洗浄(鼻うがい)は何故良いの?

手軽にできて病気の予防や鼻の病気の症状の緩和に効果を期待できるのが、「鼻洗浄(鼻うがい)」です。
鼻洗浄(鼻うがい)とは、鼻から生理食塩水を注入して、鼻腔内の鼻水や膿、細菌、花粉などの異物を取り除く方法です。

ポイント①風邪・インフルエンザ予防

風邪やインフルエンザの原因になるウイルスが付着する鼻粘膜を洗う事は、風邪・インフルエンザ対策として日々の健康維持に大変有効です。

鼻洗浄(鼻うがい)は、
鼻粘膜までしっかり洗い流せる方法!

ポイント②副鼻腔炎の症状緩和

副鼻腔炎とは細菌感染やアレルギー反応などにより、鼻と副鼻腔を繋いでいる「自然口」という通路が粘膜の腫瘍により閉じられ、鼻の周りにある副鼻腔という空洞にうみがたまる病気です。

感染した鼻粘膜を洗い流し清潔な状態を保つことは、鼻の機能維持に重要です。

頭が重い、苦しい、いやな匂いがするなど、
ツラい症状とさようなら!

ポイント③花粉・アレルギー対策

花粉症の症状は、鼻の粘膜に花粉が付着することで起こるアレルギー反応です。

鼻毛や鼻粘膜にアレルギー物質が付着した鼻腔を丸洗いすることで、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を緩和することができます。

仕事もプライベートも鼻洗浄(鼻うがい)で
アレルギー症状からストレスフリーに!